震災時のすばやい初動体制は、
正確な震度情報のキャッチから
気象庁検定品

気象庁指定アルゴリズムを用い、
0から7までの震度階を自動計測する気象庁検定品の計測震度計です。

特長

気象庁検定品

計測震度計として、気象庁検定に合格しています。

早期地震検知機能

早期警報用地震計における地震諸元推定アルゴリズム仕様(財団法人鉄道総合技術研究所と気象庁の共同特許)に基づく演算機能の搭載が可能です(オプション)。

ネットワーク対応

TCP/IP、FTP、Telnetの各種プロトコルに対応しています。また、モデム通信により、ダイヤルアップ通信が可能です。

震度リアル演算方式による情報処理の高速化

地震トリガ起動から2.5秒後に上位システムへ地震情報の伝送を開始する速報機能により、即時警報システムの構築が可能です(当社独自:特許 第3241486号)。

高性能A/D変換技術により130dB以上の高ダイナミックレンジを実現

24ビットデルタシグマA/Dコンバータを採用。加速度センサ−の特性をフルに発揮させる高ダイナミックレンジで高精度の計測データが得られます。

大容量コンパクトフラッシュカードを実装可能

コンパクトフラッシュカードに地震情報や波形データを多数記録できます。パソコンでのデータ分析などに活用できます。

視認性の良いカラー液晶ディスプレイ

タッチパネル式の5.7インチカラー液晶ディスプレイを採用。対話形式によるデータ表示や設定操作が可能です。

処理部の画面表示イメージ

処理部の画面表示イメージ

震度情報ネットワークシステム構成例

震度情報ネットワークシステム構成例

オプション機能

【表示機器】早期警報盤 IP-361

【表示機器】早期警報盤 IP-361
  • 早期地震検知情報を受信した時に、予想震度と本震到達までの時間を表示します。
  • 到達までの予想時間は1秒ごとにカウントダウンして0まで表示します。
  • 予想される地震の規模について音声ガイダンスを行います。
  • 外形寸法:(W)230mmx(H)300mmx(D)70mm

【表示機器】遠隔表示盤 IP-310C

【表示機器】遠隔表示盤 IP-310C
  • 地震発生時刻、現在時刻、震度階(10段階)、および最大加速度を表示します。
  • RS-422I/Fにて4台まで増設可能です。
  • 内蔵バッテリーにより、停電時に約60分間の表示が可能です。
  • 外形寸法:(W)560mmx(H)420mmx(D)100mm

仕様

外形寸法図

STR-361外形寸法図

一般仕様

計測部SAS-361
感震器
測定最大加速度
水平成分±4000Gal 垂直成分±3000Gal
分解能
0.63mGal
測定成分
成分(X,Y,Z)
A/D変換部
変換器
ΔΣ型24ビット
サンプリング周波数
100Hz
周波数特性
0〜40Hz
ダイナミックレンジ
130dB以上
サンプリング同期
高精度内部時計に同期
通信部
処理部・計測部通信
RS-422 38400bps
一般仕様
電源
約DC15V(処理部より供給)
消費電力
約6W
停電対策
処理部のバッテリーバックアップによる
動作環境条件
周囲温度:−20℃〜+60℃ 相対湿度:100%以下(結露しないこと)
防水性
JIS-C-0920保護等級7(防浸型)
外形寸法(突起部除く)
径:278mm×高さ:95mm
質量
約5kg
処理部STR-361
一般仕様
電源
AC100V±10V 50/60Hz
消費電力
動作時:50W以下
停電対策
内蔵バッテリーにより約60分間バックアップ可能 (満充電時、計測部を含む)
動作環境条件
周囲温度:約−10℃〜50℃ 相対湿度:90%以下(結露しないこと)
外形寸法(突起部除く)
幅:430mm×高さ:249mm×奥行:135mm
質量
約10kg

機能・性能

処理部STR-361
気象庁検定
震度7対応検定品(気象庁指定のアルゴリズム計算による)
演算部震度階級
震度0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7(10段階)
演算部演算内容
地震観測時刻、震度階級、計測震度、最大加速度卓越周期、SI値、早期地震検知情報(オプション)
時刻校正部 校正方式 (オプション)
GPSまたは時刻検出ラジオまたはNTPによる
起動方式
トリガレベル方式 (計測震度、3成分加速度、SI値より選択)
記録部媒体
1GB CFカード
シリアル通信部
通信方式:RS-232C×2ポート
LAN通信部
通信方式:10BASE-T/100BASE-TX(2ポート)
プロトコル:TCP/IP、FTP、Telnet
表示部
ディスプレイ:TFTカラー
解像度:320×240ドット
パネルサイズ:5.7インチ
操作部入力方式
タッチパネル
印刷部
記録内容:震度、加速度、波形、設定情報、各種履歴等
記録方式:サーマル印字

導入事例