非接触ICカードを入場券として利用するシステム。
スムーズな入退場処理を行えます。

本システムは、入場券(当日券・回数券・定期券)に非接触ICカードを使用して運営する入退場管理システムです。

回数券及び定期券を購入した利用客は、入場の都度、入場券を購入する手間が省け、自動ゲートへ回数券及び定期券をかざすか軽くタッチするだけで入退場ができます。また、入金精算機での金額チャージや更新も簡単な操作で行うことができ、利便性が大きく向上します。 施設の運営上も、非接触ICカードを入場券として運用することにより、券の発売業務の省力化、カードのリユース使用によるランニングコストの削減、機器のメンテナンス軽減、管理装置による集中運営管理など、業務効率の大幅な向上が図れます。

導入のメリット

運営サイドにおいて

自動ゲートによる改札業務の省力化

利用客は自動ゲートで入退場できますので、入退場口での改札業務を削減することができます。

窓口業務の軽減

当日券はカード発売機で発売し、残額が少なくなった回数券や利用時間が超過した当日券は、入金精算機で利用客が自分でチャージまたは精算できますので、係員の窓口業務を軽減することができます。

ECOな運営〜ランニングコストの削減

入場券のカードはプラスチックカードですので、耐久性に優れ、リユース使用が可能です。このため、使用済み券の廃棄が無くなり、ゴミの減量と同時に入場券に関わるトータルなランニングコストを削減することができます。

安定稼働

自動ゲートには搬送部分がありませんので、カードの水濡れに強く、カード詰まりなどのトラブルは発生しません。機器のメンテナンスも容易です。

自動ゲートによる改札業務の省力化

利用客は自動ゲートで入退場できますので、入退場口での改札業務を削減することができます。

管理装置による稼働状況把握

施設の入場者数をリアルタイムで把握できますので、時間管理や定員管理などの多様な運営が可能です。例えば、混雑状況に応じて入場制限など利用客へ適切な案内ができます。また、日別・時間帯別の利用動向データを収集し、施設の運営計画の立案に活用できます。

集計業務の省力化

利用客は自動ゲートで入退場できますので、入退場口での改札業務を削減することができます。

利用客サイドにおいて

簡単・スムーズな入場

利用客は、入場券である非接触ICカードを自動ゲートのアンテナ部にかざすか軽くタッチするだけで入退場することができますので、スムーズな入退場が可能になります。当日券は、自動ゲートが回収して退場できます。

回数券及び定期券によるキャッシュレス運用

回数券及び定期券を持った利用客は、入場の都度入場券を購入する必要がなく、入場時の混雑から開放され、キャッシュレスで施設を利用できます。

当日券及び回数券の自動発売

当日券及び回数券はカード発売機で購入できますので、受付窓口の待ち時間がありません。

自動精算・チャージ

残額が少なくなった回数券や利用時間が超過した当日券は、入金精算機で利用客が自分でチャージまたは精算することができます。

ビジュアルな施設の案内

施設内の混雑状況などをLED表示器で確認できます。

システム構成例

システム構成例

窓口発券機
入退場処理、券種変更処理、団体処理などの業務を行います。
カード発売機
当日券及び回数券の発売を行います。
入金機
回数券への追加チャージを行います。
入金精算機
回数券への追加チャージ、当日券の施設利用時間超過時などの不足金精算などを行います。
自動ゲート
非接触ICカードのゲートです。カードを軽くタッチするだけで入退場できます。当日券の回収も行います。
LED表示器
施設の利用案内や施設入場者数の表示を行います。
管理装置
機器の稼働状況の監視や売上・利用者数の把握をリアルタイムに行うことができます。また、各種データの集計処理を行います。

運用例

運用例

導入事例

ただいま製品導入事例の掲載はございません。