ホーム > 企業情報 > 社会・環境活動 > 環境への取り組み > 製品含有化学物質管理体制

製品含有化学物質管理体制

高見沢サイバネティックスは、地球環境の保全が世界共通の重要かつ緊急課題のひとつと認識し、企業としての社会的責任を果たすため、平成15年4月18日に環境マネジメントの国際規格で「ISO14001」を認証取得し、環境への負荷を低減すべく、継続して環境保全活動に取り組んでおります。

なかでも現在、環境保全活動の最重点課題の一つとして、「環境負荷を低減した製品の提供」を展開しており、製品に使用・含有される化学物質情報の信頼性を確保するとともに、調達段階〜出荷に至るまで製品に規制化学物質が含まれないよう管理すべく、「製品含有化学物質管理体制」の整備・構築を図っています。

製品含有化学物質管理体制図

購買

グリーン調達

グリーン調達基準書

製品に規制化学物質が含まれないように管理するためには、上流である購入先・発注先から規制化学物質を含まない部品・材料を調達することが不可欠です。 そのために当社では、2007年9月に「グリーン調達基準書」を制定して、当社ウェブサイト(*1)で公開するとともに、購入先・発注先各社に周知を図っております。この基準書では、当社に納入する部品・材料への含有禁止化学物質を定めるとともに、含有化学物質情報の当社への提供を購入先・発注先の各社に要請しています。

グリーン調達基準書

受け入れ検査

蛍光X線分析装置

当社では、購入先・発注先の各社からご提供いただいた部品・材料の含有化学物質情報を確認した結果をもとに、当社禁止化学物質を含まない部品・材料の調達に努めています。 しかし、ヒュ−マン・エラーや技術的な可能性によっては、意図せず規制化学物質が含有されてしまう恐れがあるため、含有リスクが高い部品・材料を選定し、蛍光X線分析装置によって、受入時に特定の化学物質(RoHS規制物質)の含有量を測定しています。

生産

製品アセスメント評価

製品環境アセスメント評価とは、「環境に配慮された製品かどうか」を製品の開発段階において事前に評価する手法です。 当社では、新製品の開発において、製品アセスメント評価の基準・手順を制定し、省資源・省エネルギー化を始め、環境保全性という観点から、製品への含有化学物質の確認を強化し、新製品は製品アセスメントの完了が生産・販売許可の条件であることを義務づけました。

誤使用・混入・汚染防止

量産現場の隔離・使用工具などの識別管理

当社の製品は、RoHS指令が適用される電気・電子機器の業界だけでなく、多岐に渡る業界のお客様に納入させていただいております。 したがって、RoHS指令適合製品(*2=例:鉛フリーはんだ使用製品)を希望されるお客様と、高度な信頼性の確保などの目的でRoHS指令非対応製品(例:鉛系はんだ使用製品)を希望されるお客様がいらっしゃいます。そのため、当社では受入〜製造〜出荷工程、保管スペース、倉庫など、量産の現場において本来製品に混入するべきでない(含有・使用されてはいけない)想定外の使用禁止化学物質(RoHS規制物質など)によって、RoHS指令適合製品(*2)が汚染されることがないよう、誤使用・混入・汚染防止を徹底しており、その手段としては、識別管理・隔離・手順と基準の確立などによって、防止を図っています。

納入

流出防止

当社は、人的ミスによる非対応製品の誤出荷を防止するため、基幹系社内システムである生産系システムにすべての製品のRoHS指令適合有無を登録し、これにより調達の段階からRoHS指令適合製品と非対応製品との識別管理が行えるとともに、工程では上記の徹底した受入検査と誤使用・混入・汚染防止により、信頼性の高い製品をお客様に提供いたします。

このページに関するお問い合わせ

株式会社高見沢サイバネティックス 管理本部 統括室 総務部
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-5
電話:03-3227-3361

メールでのお問い合わせは、下のボタンをクリックして問合せフォームをご利用ください。

企業情報・IR情報に関するお問い合わせ