ホーム > 製品・サービス > 特機機器 > 防災計測システム > 可搬型早期警報地震計 STR-121

可搬型早期警報地震計 STR-121

概要・特長

可搬型早期警報地震計 STR-121拡大して見る

運べるPSキャッチャーで地震の発生を事前にキャッチ!

大きな地震が起きる前の小さな縦揺れ(P波)を瞬時に捉え、その後に到達する大きな横揺れ(S波)を予測して危険を知らせます。 専用のキャリングケースに収納して、簡単に持ち運びができますので、建設工事現場に一時的に設置したり、地震被災地の危険な復旧現場で余震による二次災害から救助隊員を守るなど、PSキャッチャーは様々なシーンで活躍します。

特長

キャリングケースへ収納
  • ポータブルな地震計
    専用のキャリングケースに入れて、持ち運びが可能です。
  • 特殊な設置工事は不要
    現場に運んで、簡単な設置調整を行えば、すぐに観測を開始できます。
  • 気象庁検定品
    計測震度計として、気象庁検定に合格しています。
  • 早期地震検知機能
    早期警報用地震計における地震諸元推定アルゴリズム仕様(財団法人鉄道総合技術研究所と気象庁の共同特許)に基づく演算機能を搭載しています。
  • 震度リアル演算方式による情報処理の高速化
    震度演算を1秒単位で行い、S波到達時の地震警報を即時に発報します。
    (当社独自:特許 第3241486号)
  • 大音量の回転灯付き警報部
    最大108dBの大音量と回転灯で即座に危険を知らせます。
  • 大容量コンパクトフラッシュカード(最大16GB)を実装可能
    コンパクトフラッシュカードに地震情報や波形データの長時間記録が行えます。パソコンでのデータ分析などに活用できます。(標準添付品は256MB)
  • 軽量化
    当社従来品に比べ、総質量14kgの軽量化を実現しました。
  • 視認性向上
    高輝度液晶表示の採用により、屋外での視認性が向上しました。
  • 信頼性向上
    処理部も防水構造(防沫形)となり、装置全体として防水構造としました。
  • メンテナンス性向上
    バッテリおよび時計用コイン電池は10年間交換不要となり、メンテナンス性が向上しました。
  • 無線警報装置の採用
    キャリングケースへ収納 有線の警報装置に加え、救助隊員等が装着できる携帯型の無線機(シルウォッチ、キューブライト)にも対応しています。(オプション)

処理部の画面表示イメージ

画面表示イメージ

可搬型早期警報地震計 STR-121ページ

このページに関するお問い合わせ

株式会社高見沢サイバネティックス
社会・産業システム本部 特機事業部
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-5
電話:03-3227-9255

メールでのお問い合わせは、下のボタンをクリックして問合せフォームをご利用ください。

資料請求・お問い合わせ