ホーム > 製品・サービス > 生産終了品 > セキュリティゲート TAG-7000シリーズ > 通路の構成

生産終了

セキュリティゲート TAG-7000シリーズ

 後継機:セキュリティゲートTAG-10000シリーズ

通路の構成

入場専用、出場専用、入出場両用、幅広通路の通路構成が選べます。複数通路を構成する場合、センター機の両側に扉が付いていますので、筐体の数を最小限に減らすことができ、限られた設置スペースを有効に活用できます。幅広通路は900mm幅を確保していますので、車椅子の方や台車で荷物を運ぶ方も通行することができます。

通路構成例

セキュリティゲートの設置場所に応じて、扉の有無、扉の枚数を選択できます。

1通路2扉タイプ

1通路2扉タイプ標準の1通路2扉タイプです。標準の通路幅は600mmですが、車椅子の方でも通行できる900mm幅用の通路を組み合わせて設置できます。

1通路4扉タイプ

1通路4扉タイプ扉を1通路あたり4枚取付けて、扉の高さを1600mmにすることにより、飛び越えによる強行進入を阻止することができます。

扉無しタイプ

扉無しタイプ警備員や係員が常駐し、扉による不正進入阻止が必要ない場合には、扉の無いタイプもご利用いただけます。

セキュリティゲート TAG-7000シリーズページ 生産終了

このページに関するお問い合わせ

株式会社高見沢サイバネティックス
社会・産業システム本部 特機事業部
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-5
電話:03-3227-9255

メールでのお問い合わせは、下のボタンをクリックして問合せフォームをご利用ください。

資料請求・お問い合わせ