ホーム > 製品・サービス > 製品導入事例 > 製品導入事例:防災計測システム > 可搬型早期警報地震計

地震計システム導入事例:可搬型早期警報地震計

新潟県「中越沖地震」の災害復旧現場

2007年7月16日に発生した新潟県「中越沖地震」の災害復旧現場において、当社「可搬型早期警報地震計」が稼働しました。特定非営利活動法人 リアルタイム地震情報利用協議会様に同行して現地に入り、余震の観測を行いましたので、当時の現地の状況についてリポート致します。

中越沖地震におかれまして亡くなられました方々、被災された皆さまには、心よりお悔やみとお見舞いを申し上げます。

地震計の設置

観測開始

災害現場に移動して、すぐに観測を開始できます。

観測中

道路脇で観測中

病院で観測中

長岡市内の病院内で継続して観測を行いました。

被災状況

被災状況1

崩落した山の斜面。

被災状況3

めくれ上がった歩道のタイルと側溝。

被災状況4

液状化現象で吹き出した砂。

被災状況6

崩壊したブロック塀。

可搬型早期警報地震計STR-120

このページに関するお問い合わせ

株式会社高見沢サイバネティックス
社会・産業システム本部
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-5
電話:03-3227-9255

メールでのお問い合わせは、下のボタンをクリックして問合せフォームをご利用ください。

資料請求・お問い合わせ