ホーム > 製品・サービス > 製品導入事例 > 製品導入事例:その他 > 昇降式ホームドア(実証実験開始)

製品導入事例:昇降式ホームドア

※適時開示情報で発表した内容を掲載しております。

相模鉄道株式会社様 相模鉄道いずみ野線 弥生台駅

「昇降式ホームドア」実証実験開始のお知らせ

平成25年10月8日

会 社 名 株式会社高見沢サイバネティックス
代表者名 代表取締役社長 髙見澤 和夫
(JASDAQ・コード番号:6424)
問合せ先  常務取締役経営管理本部長  山 口 英 和
電 話 03-3227-3361


当社は、従来より開発を進めておりました「昇降式ホームドア」について、相模鉄道株式会社(本社・横浜市西区、社長・小澤重男)様のご協力のもと、実証実験を開始することになりましたのでお知らせ致します。

10月27日から昇降式ホームドアの実証試験を開始します

相模鉄道株式会社
株式会社高見沢サイバネティックス

 

相模鉄道㈱(本社・横浜市西区、社長・小澤 重男)は、相鉄いずみ野線弥生台駅(横浜市泉区)において、㈱高見沢サイバネティックス(本社・東京都中野区、社長・髙見澤 和夫)が開発を進めてきた「昇降式ホームドア」の実証実験に協力すべく、「昇降式ホームドア」設置工事を平成25年(2013年)10月9日(水)夜間(予定)に完了し、機器の調整等を行った後、10月27日(日)始発から同駅において実証試験を開始します。
この「昇降式ホームドア」は、これまで課題であった設置にあたってのコスト低減に対応する新たなホームドアとして開発を進めているもので、従来のホームドアの開口部分を昇降式のバーとすることで、ホームドアの軽量化が図られています。
弥生台駅の下りホームに1両分のホームドアを約1年間にわたり設置し、実際に使用する中で安全性や、耐久性の検証を行います。
なお、この実証試験は国土交通省鉄道局の鉄道技術開発費補助金の支援を受けて行われるものです。


設置イメージ

弥生台駅に設置される昇降式ホームドア(イメージ)

 

昇降式ホームドア実証実験の概要

1.工事完了
平成25年(2013年)10月9日(水)夜間(予定)

2.実施期間
平成25年(2013年)10月27日(日)始発から約1年

3.実施場所
相鉄いずみ野線弥生台駅下りホーム(横浜市泉区弥生台5-2)

4.内容
㈱高見沢サイバネティックスが開発している昇降式ホームドアを弥生台駅下りホームの横浜方に1両分設置

(ご参考)昇降式ホームドアの設置場所

設置場所

設置駅

 

ー以上ー

以下から、PDFファイルで適時開示情報をご覧いただけます。
「昇降式ホームドア」実証実験開始のお知らせ
PDF PDFファイル:264KB

get adove

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です(無償)。

特設ページ:昇降バー式ホーム柵(昇降式ホームドア)

設置場所に関するお問い合わせ

相鉄ビジネスサービス㈱総務広報サービス部(広報担当)     栁田・中根
電 話 045-319-2057


製品および技術に関するお問い合わせ

㈱高見沢サイバネティックス総務部     浮田・田中
電 話 03-3227-3361