ホーム > 製品・サービス > 製品導入事例 > 製品導入事例:交通機器 > 駅務機器ネットワークシステム

製品導入事例:駅務機器ネットワークシステム

青い森鉄道株式会社様

2010年12月4日、東北新幹線の八戸〜新青森間が開業しましたが、同時に並行する在来線(旧東北本線)は、青い森鉄道として新たなスタートを切りました。当社は、この新しい鉄道の門出に合わせて、自動券売機、券印刷発行機、ホストシステムからなる駅務機器ネットワークシステムを納入し、同日から稼働を開始されました。

青い森鉄道路線図MCV型自動券売機

システムの主な特長

券印刷発行機TP-9140型
  • 1.データの集計
    各駅の自動券売機や券印刷発行機の売上データは、青い森鉄道様の本社に設置されたホストシステムに締切データとして収集されます。各駅で帳票出力する場合は、ホストシステムのデータを利用してプリントアウトされます。
  • 2.稼働状況の監視
    無人駅に設置された自動券売機の稼働状況を管理駅にて監視できます。無人駅の機器で何らかの異常が発生した場合、管理駅に設置された信号灯が点灯、ディスプレイに異常を表示して知らせます。

青い森鉄道様には、MCV型自動券売機を19台、TP-9140型券印刷発行機を8式、ホストシステムを1式納入致しました。

ホストシステム

このページに関するお問い合わせ

株式会社高見沢サイバネティックス
社会システム本部
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-5
電話:03-3227-3371

メールでのお問い合わせは、下のボタンをクリックして問合せフォームをご利用ください。

資料請求・お問い合わせ