ホーム > 企業情報 > 社会・環境活動(CSR) > マネジメント > コンプライアンス

コンプライアンス

倫理法令遵守委員会当社では、倫理法令遵守(コンプライアンス)の取り扱いおよび組織的または個人的な法令違反行為・不正行為に関する通報の適正な処理方法を定め、健全な企業活動を継続するために、「倫理法令遵守(コンプライアンス)規程」を制定しています。本規程では、当社の倫理法令遵守制度を統括し、不祥事を未然に防止すると同時に、万が一の倫理法令遵守違反の事態に備え、「倫理法令遵守委員会(コンプライアンス委員会)」を設置を規程しています。

また、すべての役員、従業員が「社会に必要不可欠な会社を創造する」という共通の認識のもと、倫理・法令を遵守し、日々誠実に行動するための共通の道徳規範・社会規範、共通の価値観・倫理観として行動の拠り所とするために、以下の行動規範を制定しています。

株式会社高見沢サイバネティックス従業員行動規範

1.人権尊重、差別、セクシャルハラスメントの禁止

性別、年齢、信条、疾病等による差別をせず、人権を尊重し、差別、嫌がらせ、セクシャルハラスメントを行わない。

2.プライバシー保護

個人のプライバシーを尊重し、不当に侵害しない。

3.インサイダー取引の禁止

インサイダー取引およびその疑いを持たれるような株式売買をしない。

4.各種業法の遵守

事業活動を行うにあたっては、各種業法を遵守しなければならない。

5.知的財産権の保護・尊重

知的財産権は事業活動の要であると認識し、当社の権利の保護に努めるとともに、他社が所有する権利を侵害してはならない。

6.不正競争の禁止

不正製品の製造・販売、企業秘密の不正取得・使用等、不正競争行為を行ってはならない。

7.与信・債権管理の徹底

事業活動の成果を損なうことのないよう、取引先の与信管理、債権管理を徹底しなければならない。

8.情報の適切な管理

当社の機密情報は細心の注意を払い、厳重に管理し、正当な理由なく決して他へ漏らしてはならない。

9.情報システムの適切な使用

当社の情報システムを不正に使用したり、害してはならない。

10.贈賄の禁止および贈答、接待等

贈賄等不正な利益の供与をしてはならない。
また、取引上での贈答、接待等は社会通念上、妥当な範囲を超えてはならない。

11.利益相反行為の禁止

当社の業務を鋭意誠実に遂行し、当社の利益に反する行為をしてはならない。

12.反社会的勢力への利益供与の禁止

反社会的勢力および団体に対しては、毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断し、トラブル等が発生した場合は、全社を挙げて立ち向かわなければならない。

上記行動規範は、携帯カードにして従業員に配布することにより周知・啓蒙を図っています。

このページに関するお問い合わせ

株式会社高見沢サイバネティックス 管理本部 統括室 総務部
〒164-0011 東京都中野区中央2-48-5
電話:03-3227-3361

メールでのお問い合わせは、下のボタンをクリックして問合せフォームをご利用ください。

企業情報・IR情報に関するお問い合わせ